プレミアコインって?

記念硬貨なども古銭に含まれます

古銭は古い時代のお金で江戸時代に流通されていた穴銭、大判や小判、秤量貨幣と言ったものを連想される人も多いかと思われますが、現在流通されていない貨幣を古銭と呼んでおり、記念硬貨や記念貨幣も古銭に含まれています。
切手などの場合、記念切手と言うものが定期的に発行されていますが、貨幣の場合は発行されるタイミングはそれほど多くは無く、金額も100円の記念硬貨もあれば10万円硬貨と言った高額なものもあるのが特徴です。
尚、記念硬貨の事を記念コインと呼ぶ人も多く、日本の記念コインだけではなく外国の記念コインをコレクションしている人も少なくありません。
因みに、記念コインの価値は発行枚数や現存数などに応じてプレミアが付くものも数多くありますね。

現行の貨幣の中にもプレミアが

古銭の中には現存している数自体が少ないものが数多くあり、こうした古銭はプレミアが付くものもあります。
素人が見るだけでは同じように見える穴銭も、古銭商などの鑑定士に査定をして貰う事でプレミアが付いているものなのか、それとも二束三文なのかを教えて貰う事が出来ます。
寛永通宝は1636年から1866年の通用期間を持つ古銭の一つになりますが、四角い穴の周りには寛永通宝の文字が刻まれており、文字の跳ね具合などにより細かな分類を行うことが出来ると言います。
また、一般的な寛永通宝は1000円前後の価値になるのですが、中には100万円以上の価値を持つものもあるなど、違いを明確に出来る、そして価値を見い出してくれるのが古銭買取り店の鑑定士です。

The Same Coin