知っておきたい古銭の種類

巷で人気の古銭の定義とは?

ネットの中には古銭などのコレクション品を買取りしてくれるお店が多くありますが、古銭と言うと古い時代のお金、江戸時代などに流通されていた大判小判をイメージされる人も多いかと思われますが、昭和の時代に流通されていたお金も古銭に含まれますし、何らかの記念を祝し発行された記念硬貨も古銭に含まれているのが特徴です。
基本的には流通されていない硬貨などの事を古銭と呼んでいるのですが、古銭には色々な種類があり、買取りを利用される場合には古銭に精通した鑑定士がいるお店を選ぶことで本来の価値を見い出して貰い、高価買取りが可能になります。
因みに、買取取りを利用する場合、古銭をピカピカに磨き上げずにそのままの状態で査定を受ける事をお勧めします。

秤量貨幣をご存知でしょうか?

秤量貨幣は目方で価値を示すと言う古銭の一つで、慶長丁銀を初め、安政丁銀や豆板銀、銀判などが有名です。
丁銀は海の生物のナマコのような形をしているのが特徴で、豆板銀は豆のような形をしている事から豆板銀と呼ばれています。
丁銀や豆板銀は現在の硬貨のように額面と言うものが記されていないのが特徴で、これらの古銭の事を知らない人は単なるゴミに思えてしまうかもしれません。
しかし、丁銀、豆板銀、銀判は何れも江戸時代に流通されていた貨幣であり、希少価値が高い事からも高価買取りされるケースが多くあります。
江戸時代の貨幣と言うと大判や小判などの金を使ったものが有名ですが、丁銀などは銀を素材にしているものであり、銅を素材にしている古銭として穴銭が有名です。

The Same Coin